source of nutrients

日々の栄養源・観劇の感想とツイッターのつぶやきのまとめ等をゆるゆると
<< 2014年観劇まとめ | main | 2015年観劇まとめ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    海宝直人スペシャルライブ One day more 〜20th Anniversary
    0
      夜の回にお邪魔してきました。



      久々にちゃんとまとめようかなという気が起きたのでブログにまとめます。

      といってもツイッターに呟いたものを拾って付け足しまとめただけですが。

      会話は大体ですので細かい箇所の違いはご容赦下さい。





      〈セットリスト〉※英語で歌ったものは英語表記

      1.Something's coming/West Side Story(海宝)

      2.君住む街/マイフェアレディ(海宝)

      3.Tomorrow/Annie(海宝)

      4.Heaven on their minds/Jesus Christ Superstar(海宝)

      5.Sunset Boulevard/Sunset Boulevard(海宝)

      6.彼を帰して/レ・ミゼラブル(海宝)

      7.コーナーオブザスカイ/Pippin(上口)

      8.Desperado/Eagles(井澤)

      9.コーリング/ALTAR BOYZ(3人)

      10.Your song/Moulin Rouge(海宝)

      11.Don't stop me now/We will rock you(海宝)

      12.星から降る金/モーツァルト!(海宝)

      13.エピファニー/ALTAR BOYZ(3人)

      14.Proud of your boy/Aladdin(海宝)







      1.Something's coming/West Side Story(海宝)



      幕が開いてWSSの曲を聞き一気にテンションがあがりました。

      王道ミュージカルの曲をたっぷり聞かせるという言葉に更に上昇するテンション。

      ミュージカルの歴史を追いながらその時代の歌をピックアップしていくスタイルで、ああなんてありがたいライブ。

      海宝くんの歌声に一気にミュージカルの世界へ引き込まれました。





      2.君住む街/マイフェアレディ(海宝)

      3.Tomorrow/Annie(海宝)




      Broadwayミュージカルから2曲。

      茜ちゃん(お姉さん)がアニーに出演していたので、海宝くんのミュージカルとのファーストコンタクトはアニー。

      よく連れられて舞台を観たり、楽屋に遊びに行ってお姉さんたちに可愛がられていたそう。

      茜ちゃんはモリーを演じていたそうなのですが、家の中ではアニーが演りたくて、幼い海宝くんはモリーとしてスカートを履かされ付き合わされていたとか。

      その様子を撮ったビデオも残っているけれど「とてもお見せできるものではない」とご本人。

      それはクオリティの話なのか、スカート姿の幼い自分を見せられないという意味なのかははっきりとはしませんでしたが、私はまったく気にしないので見せて欲しかった。笑

      おそらく会場のお客さん全員がそう思ったでしょう。笑





      4.Heaven on their minds/Jesus Christ Superstar(海宝)

      5.Sunset Boulevard/Sunset Boulevard(海宝)




      ウェストエンド発ミュージカルの代表格ALWミュージカルから2曲。

      「JSCの…」と海宝くんが言った瞬間ゲッセマネ!?って思ったけど、彼らの心は天国にでした。

      正直海宝ユダが私的には一番インパクトが大きかったです(個人的には海宝ジーザス上口ユダなんだけど。言うだけタダ言うだけタダ)。

      海宝くんはアルター、RENT、レミゼでしか観ていないのもあるのですが、柔らかい雰囲気の中に芯のしっかりした強さを持った青年というイメージだったので、海宝×ロックがあまり思い浮かばず。

      でも案外ロックな歌やエネルギーを思いっきり発散させるような曲も合うんだなとこの2曲を聞いて思いました。

      見た目とのギャップ的意味で岡田さんがJCSの曲を歌っていたことを思い出したり。

      大音量のバンドに負けない声量もシャウトも素晴らしかった…こんな歌も歌えるのね!と新鮮でした。

      いつか海宝くんのゲッセマネも聞きたいな。





      6.彼を帰して/レ・ミゼラブル(海宝)



      今出演中のレミゼから。

      何を歌うのかと思いきやBHHというこれまた意外な選曲。

      ご本人もこれはもっと経験を重ねてから歌う曲と言っていましたが、この歳でしかできないBHHもあるかなと思い挑戦として選んだ曲だと。

      いつか観れる日が来たらいいなと思わずにはいられなかったです。





      7.コーナーオブザスカイ/Pippin(上口)



      ここからはゲストも登場。

      入ってくるなり、「俺裏で直人の歌声聞いて泣いたよね。帰してあげて!この人まだ死んじゃダメ!って」なんて言う上口くんの場のかっさらい具合はいつも通りの通常運転。笑



      耕平くんにはアルターでもすごくお世話になって…と言う海宝くんに、え?俺なんかした?知らないよ?なんて返しつつ何言われるのかちょっと期待している顔がかわいい上口くん。笑

      海宝くんは上口くんにダンスをよく教わり、上口くんは海宝くんにどうやったら歌が上手くなるの?あー(海宝くんが曲前にもやっていた発声)ってやったら上手くなる?って聞いていたそう。

      上「持ちつ持たれつね」



      PIPPINとは何か縁があるんですか?と海宝くんに聞かれ、「ん?俺ピピン!」と返した上口くんは本当に。笑

      夢の中で自分がピピンだったから歌わなきゃなと思った。というのは冗談でワンハで歌って以来大好きな曲だと。

      ワンハで初めて聞いて以来私にとっても大好きな曲だったのでまた聞けて嬉しかったです。

      最後の歌詞が「僕も自由になれるような場所を探しに行こう」なので本当に外に探しに出て行きそうになったなんて冗談を言う上口くん。

      アルターの時は本当に外に出て行っちゃったし、お客さんのドリンク飲んだりしたよねぇあったねぇそんなことって海宝くんと2人で懐かしんでてかわいかったです。



      上口くんが一旦はける時に海宝くんに向かって指差しをしたんですが海宝くんは背中を向けていて気づかず。

      お客さんがわっと反応したのを見て、え?なになんかやったの?見てなかったわー悔しいわーって呟いていました。

      時折独り言みたいなトークになるのが愛おしいですね。笑





      8.Desperado/Eagles(井澤)



      そして井澤くん登場。

      海「身長伸びた?」

      井「19歳当時からちょっと伸びたかも」

      海「羨ましいわ〜」

      井「そう?(余裕の表情)」



      井澤くんと海宝くんが初めて会った日の話も。

      アルターの稽古初日の1月1日に前日遅くまで仕事があり、夜遅く帰宅してうっかり目覚ましをかけずに寝てしまい寝坊してしまったという井澤くん。

      稽古初日でまだあまり打ち解けてない状態なので特に会話を交わさず皆がそれぞれストレッチをしている中、善ちゃんが一人でめっちゃ踊っててこの人やべぇって思ったという海宝くんが発するやべぇが新鮮かわいかったです。

      海宝くんもやべぇとか言うんだなぁ。笑

      思っていたより普通の男の子って感じでかわいかったです。



      井澤くんは唯一ミュージカル以外からの選曲。相変わらず癖のない綺麗な歌声でした。





      9.コーリング/ALTAR BOYZ(3人)



      グリーンの内3人が揃ったのでやらないわけにはいかないだろう!というわけでアルターから一曲。

      井澤くんがマシューパート、海宝くんがアブちゃんパートも歌い、フアンちゃんの「愛の言葉を」を3人で。

      いや〜もう…3人が並んでいるのを見るだけで胸が一杯なのに、歌なんて聞いたら…ね。

      あれは…2012年12月にあったデバキンのクラブイベントですね、こばりょと上口くんとで歌ったコーリングもうわ〜〜〜と感動したものですが、3年半を経て聞くコーリングは沁みました。



      当時19歳だった井澤くんがセットアップな大人(今日着てた服がお洒落なセットアップだった)になってしまい、19歳でアルターに出ていた時はストイックで絶対成功させたいという強い気持ちから極度の緊張しぃだったらしく、あ〜〜緊張する〜〜って袖で皆の二の腕を触ったりさすさす撫でたりしていたのに、もうそんなことしなくなったのかななんて寂しく思ってたけどそこは俺も大人にならなきゃな!って思った上口兄貴は、前日に明日頑張ろうな!って先輩風吹かせたLINEを井澤くんに送ったそう。

      「でも俺緊張する」って返事が来たのでキターーーーー!となったそうな(かわいい)

      上「俺お前のそういうところが好きだよ」

      井(投げキスかキスマークのスタンプ)

       「僕は耕平くんの全部が好きだよ」

      ありがとうございました!!!!



      海宝くんと上口くんの初めて会った日の話も。

      フライヤーの撮影日が初めて会った日だったらしいんですが、上口くんのレスリー氏のモノマネがまた。笑

      ガンガン爆音で音楽が鳴る中ひたすらJUMP!JUMP!って言われ、レスリーは撮った写真をその場ですぐにプリントして壁に貼っていくスタイルだそうなんですが、既に撮影が済んでいた義くんやこばりょの写真が貼ってあり、俺こんなんなんの!?(義くん特有の腕とかぐいんってなってるポーズマネ付き)って思ったとか。笑

      海宝くんは当時23歳とかで、純朴な青年でセットアップなんて着ていなかったと言う上口くん。セットアップネタを引きずる。笑

      歌合わせで海宝くんの歌を聞いて上手すぎてやってらんねーぜとなった上口井澤の楽譜投げる振りも面白かった。笑



      とにかくグリーンは居心地が良くて本当に楽しかった!と語る3人の表情にほっこりしました。

      新たに参加するメンバーで、新たなチームで、やってやろう!って気合もあったし、俺はグリーンが一番だったと思う!って力強く言う井澤くん泣かせやがります…。



      グリーンはバランスが良かったという話になり、「歌声にも皆個性があってさ、直人くんは太いしっかりした声で、善ちゃんはアーティスティックで〜そんな感じでね」と上口くんに触れずまとめた井澤くんに、「ちょっと待て俺は!?すごい俺の個性なにかなって待ってた!!」と上口くんが突っ込むまでの流れの完璧さ。

      歌声の個性を上手く言い表せずノリでいってるとか言い出す井澤くんでしたが、結局グルーブ感があるみたいな個性にまとまったような。笑



      2人がはけたあと1人になった海宝くんが椅子に腰掛けながら、はー燃え尽きちゃうよねってぽそりと呟いていて、それを聞いたら胸が一杯になってしまいました。

      もう胸一杯になりすぎて胸が破裂してしまうわどうしてくれよう。





      10.Your song/Moulin Rouge(海宝)

      11.Don't stop me now/We will rock you(海宝)




      ここからミュージカルの歴史の授業に戻り、ジュークボックスミュージカルから2曲。

      Your Songは曲名を聞いた瞬間似合う!!と思いましたが実際聞いても海宝くんの歌声に合っていた気がします。





      12.星から降る金/モーツァルト!(海宝)



      ミュージカルで忘れてはいけないウィーンミュージカル、モーツァルト!から。

      女性の曲を男性が歌うのってなんでこんなにもぐっとくるんでしょうね。

      一人称が私やあたしな曲はもっと好きです。

      1日目に歌ったというキャッチミーのFly fly awayも聞きたかったな。



      次の曲が最後の曲ですと言う海宝くんの言葉にえーーーーーっと返す客席っていうおきまりの流れに、何度聞いてもいいね〜って無邪気な笑顔を見せる海宝くん。

      3回もえーーーっと言わされましたが喜ぶ海宝くんがかわいくて何度でもいいたくなりました。



      歌う前にお水を飲もうとした海宝くんは、ペットボトルにさしてあったストローが完全に中に入ってしまい、「あっ…」と切ない声をあげていました。

      ストローとストローを作った人にこんなにも感謝したことがあるだろうか。

      じんわりくるかわいさ。





      13.エピファニー/ALTAR BOYZ(3人)



      アンコール曲。

      これまでも歌ってはいたけれど、1人で歌っても1人で勝手に元気になっていく曲になってしまうから、今日は仲間がいて嬉しいという海宝くん。



      Epiphanyでアルターのあの時を再現しよう!って上口くんと井澤くんで話し合い、本当なら下手奥の階段を降り、歩いて近付くまで結構距離があるけど、狭い空間の中で精一杯マークに近寄って大丈夫だよと見つめるまでを表現したという2人。

      上口くんは海宝くんの胸に拳を置き、井澤くんは肩あたりに手を置いていました。

      泣かせないでよ!という海宝くんでしたが、上口くんもうるっときていたような。

      お客さんにも泣いている方がいらして(私は前の方に座っていたので泣くのを必死に堪えていました)、泣いてるのみたら泣いちゃうから!と海宝くん。

      泣くなというほうが無理がある…



      Epiphanyで海宝くんを見つめて歌っていたゲスト2人でしたが、井澤くんが耕平くんの見つめ方が直立不動でなんかおかしいって歌い終わった後突っ込んでいて、でも海宝くんが当時もそうだったって言っていてそれにぐっときてしまったり。

      あと井澤くんはさっきからルークの真似してるけどさあと言い出し、真似!?いや俺ルークだよ!?どゆこと!?ってなる上口くん。笑

      イェアしか言わないから〜と井澤くんが言ってましたが、なんかもう上口くんにつこっみたいだけなんじゃないの?ってなったとかならないとか。





      14.Proud of your boy/Aladdin(海宝)



      キャスティングもされているアラジンから。

      この辺で出ないかなと11月のチケットを取ったんですが、アグラバーで海宝くんを観れたらいいな。







      ざっとこんな感じでしょうか。



      とにかく海宝くんの極上の歌声を色んな曲で堪能でき至福のひとときでした。

      ミュージカルが好きで好きで仕方がないことが歌声からも伝わってきて、そういう姿を見られるって幸せですよね。



      それにアルターボーイズGREENの5人中3人が揃うなんて。

      それぞれに大人っぽく、かっこよく、男らしくなっていたけれど、3年半経った今も集まればあの時と何も変わらない仲良しさで、楽しそうな3人の姿が見れただけで胸がいっぱいでした。

      グリーンが一番再結集が難しそうだなと個人的に思っていたので、全員とはいきませんでしたが3人揃った奇跡に感謝。

      ゲストに呼んでくれた海宝くんにも感謝。

      希望を失ってはいけませんってことなのね、アブちゃん。



      なにより、主役の海宝くんがすごく嬉しそうで楽しそうで。

      3人が話している姿を見ているとアルターが本当に楽しかったことが十二分に伝わってきましたし、20周年という節目にアルターで一緒だった2人をゲストに呼んだのは、それだけ海宝くんにとってアルターが大事な作品として心の中にあるのだと思っていいのかな。

      そうだとしたらこんなにも嬉しいことはないなと思います。



      改めて、海宝くんお誕生日、そして20周年おめでとうございました。

      今後の活躍を心から楽しみにしています。
      | | ライブ | 16:21 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 16:21 | - | - | - | - |









           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE