source of nutrients

日々の栄養源・観劇の感想とツイッターのつぶやきのまとめ等をゆるゆると
<< スリル・ミー(にろまりまとめ的な) | main | シラノ(2013.1.12マチネ) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2012年観劇まとめ
    0

      明けましておめでとうございます。

      スリルミー以来全く更新していませんでしたが、観劇まとめついでに2012年をたらたら振り返ってみようかと思います。
      本当は31日中に書きあげる予定だったんですが間に合わず元旦更新。笑



      【1月】
      ソング&ダンス The Spirit/11回
      ボニー&クライド/1回
      エビータ/1回
      ALTAR BOYZ(RED)/1回

      ソンダンは1月15日に千秋楽だったのに観劇回数11回というアレです。
      去年の12月にコーラスパートで復活した伶央くんきっかけで観に行って、うっかり作品も好きになってしまいました。
      来年も四季60周年でソンダンをやるようなので今から楽しみです。

      ボニクラは一言で言えば私には「合わない」と感じた作品でした。
      こういうこともあるんだなとある意味勉強になった作品の一つ。

      エビータはただただマランドロ全開な永野さんに夢中でした。
      やっぱり猫な永野さんも素敵だけど人間の永野さんが一番好きだし、ロミジュリでまた観たいっていう結論しか出てこなかったです。

      そして運命のALTAR BOYZとの出会い。


      【2月】
      エビータ/4回
      ALTAR BOYZ/ORANGE 3回、GREEN 1回、追加公演R×G・R×O・O×G
      壁抜け男/1回

      ALTAR BOYZチームORANGEとの出会い。
      赤ルークが好きだったら緑ルークもきっと好きだと思うと言われ、REDの次はGREENを観るつもりでしたがチケットの関係上ORANGEを観ることにしたんです。
      まあORANGEも観たかったしな、と思い観に行ったわけですが、観終わって思いました。私のボーイズは彼らだと。
      これで先にGREENを観ていたらどうなっていたのかな、とも今となっては思いますが。
      でもORANGEは歌がどう、とかではなくて(むしろ歌に関しては結構破壊的な部分もありましたが。笑)私が個々の役に持っていたイメージそのものが目の前に現れたようなボーイズで、なによりあったかい家族のようで愛おしくて。
      嬉しさも、悲しみも、みんなで分けあって生きているところが好きで好きでしょうがなかったです。
      欲を言えば緑ルークもやっぱり好きだったのでGREENも単体でもう1回は観たかったなと思いますが。
      愛しいボーイズたちは今も世界中を回って沢山の魂を浄化しているんでしょうね…いつか日本に寄ってくれたらなと思います。


      【3月】
      キャッツ/2回
      キャバレー/1回
      9時から5時まで/1回
      スリル・ミー/2回
      ガンバの大冒険/3回
      ジキル&ハイド/1回
      ウィキッド/1回

      なんだか入り乱れている3月。笑

      2012年一番衝撃的な出会いだったのがスリル・ミー。
      気になるしチケットはないけど当日券に挑戦しようと行ってみたらビギナーズラックで当選。
      小汚い劇場の階段を降り地下のあの空間に閉じ込められて息をするのも忘れて過ごした100分間。
      あの感覚は今でも忘れられません。
      観終わった後になんで?どうして?と疑問ばかりが頭を巡り、もう一度すべてわかった上で確認しようともう1回観ましたが結局なにもわからず。
      それがにろまりのスリル・ミーなんだと変なところで納得しました。

      ファミミュは今のところマジョリンが一番好きなんですが、ガンバも結構ハマってしまいました。
      ゆこうよ♪仲間たち♪


      【4月】
      キャッツ/2回
      ニジンスキー/1回
      AFTER DARK/1回
      ガンバの大冒険/2回
      シンベリン/1回
      コーヒープリンス1号店/2回
      アイーダ/1回

      社会人になって環境ががらっと変わりましたが変わらずの観劇回数。笑

      4月一番の発見はコメディないっくんが私は結構好きだということでした。
      正直言うと、THE王子様な彼はそこまで好きだと思ったことがなかったんですが、どっちのおまーめさん!とかやってみたり、余裕をなくしてかっこ悪く空回りしている育三郎ハンギョルが個人的にヒットしてうっかり2回観てしまいました。
      みつきちゃんのウンチャンとの並びもとても可愛くて。
      「あとこのえくぼは誰にも見せないで」というウンチャンの台詞が可愛くて好きでした。
      新納さんの王子様なハンソンはただただ胡散臭かった。笑

      あと嬉しかったのはアンデルセンで観てから綺麗な踊りをするので応援していた一色くんのカーバデビュー。
      弟系でアクロもできるカーバの誕生でしたね。


      【5月】
      キャッツ/1回
      Delicious/1回
      エリザベート/1回
      TATOO14/1回

      やっと観れたCSBの公演は贅沢すぎるフルコースのダンスを味わって胃もたれを引き起こしそうな程でした。
      もう目が足りない足りない。
      中でもロミジュリの時から気になっていた幸人さんの踊りを堪能できてますます好きになりました。
      スっと伸びた美しい首から肩にかけてのラインと腕と手の運び方、どんなジャンルも自分のモノにして踊りこなす姿から目が離せませんでした。

      大貫さん目当てで行ったTATOO14は女版ALTAR BOYZといった感じですごく楽しかったです。
      再演も決まったのでまた行きたい。


      【6月】
      リトルショップ・オブ・ホラーズ/1回
      夢から醒めた夢/1回
      ユタと不思議な仲間たち/1回
      サロメ/1回
      サンセット大通り/1回
      エリザベート/1回
      コードギアス 反逆のルルーシュ/2回

      リトショ。
      新納さんほどこのオリンという役とレザーのジャンプスーツが似合う俳優はそういないと思います。
      間を少しでも間違えればただ寒い人で終わってしまう難しい役だなあと。
      これを見て彼役のオファーが来たというのも納得でした。
      しかしこのミュージカル、笑えるというよりかなり怖かったです。
      随分ブラックというか、これを笑うってちょっと難しい…と思ってしまったのは私が考えすぎなのかなんなのか。
      でもまた新納さんのオリンは観たい。

      大阪京都遠征にも行きました。
      全国を回っていたユタが京都に、しかも大作でいるとなれば行くしかないなと。
      好きな俳優が元気に舞台に立っている姿を観れる幸せを実感しました。

      あとはまあギアス2回観たりww(必然的に生える草)
      みかしゅんの女優っぷりを観て惚れ直し、かざみんは踊りだけでなく台詞も素晴らしいということを発見できた作品です。


      【7月】
      アスペクツオブラブ/1回
      ミス・サイゴン/1回
      ルドルフ/1回
      スリル・ミー/にろまり7回、かきまつ6回、こにらち3回、韓国ペア1回

      やってきた7月。
      まあこの通り毎日のように銀劇に通った約2週間。
      初めてにろまり以外も観ましたが、ペアそれぞれで全く違ったスリルミーの世界でした。
      でもやっぱりにろまり好きで好きで。
      3月に観た時と全く違っていたにろまりは公演を重ねる毎にどんどん変化していきましたが、にろまりが好きな気持ちは変わりませんでした。
      二人が幸せならそれでいい、と思えるラストに涙が止まらなかった公演もありました。
      まあスリルミーに関してはブログで書いてるので割愛しますが。

      余裕があればルドルフももっと観たかったです。
      和音さんと芳雄さんの二人のデュエットを三銃士で聞いてから好きだったので、二人のただのロマンスじゃないを聞きたくて仕方がない。
      「あなたの瞳にずっと住んでいたい」というマリーの台詞が好きでした。
      また再演して欲しいし、その時も芳雄さんと和音さんでありますようにと願うしかないですが。


      【8月】
      桃次郎の冒険/1回
      songs for a new world/1回
      Bitter days,Sweet nights/1回
      クラブセブン/5回
      キャッツ/1回
      ミス・サイゴン/1回
      Cosmos&Nex”usダンスパフォーマンス/1回

      私的2012年3大作品であるクラブセブンと出会った8月。
      もともと緑ルークがすごく好きだったので、出演が決まってから、観れるのをそれはすごく楽しみにしていたんです。
      そして本格的に転がり落ちました。
      「気持ちがいいんだよ、坂道を転がり落ちていくのは」by浦井オスカー・ワイルド
      なんかもう転がり落ちたと言うしかなく。
      元々なんかハマりそうな予感がするとクラセン期間に夏休みを取っていたんですが、そこで海外旅行に行くことを決めてしまいあとからものっそい後悔しました。
      まあ帰国して空港からその足でクリエに行きましたが。笑
      それくらいとち狂わされた恐ろしい作品です。
      吉野さんが猿になったりおばあちゃんになったりホストクラブのオーナーになったりするのを観れるのはクラセンだけ☆


      【9月】
      クラブセブン/1回
      コーパス・クリスティ 聖骸/1回

      燃え尽き症候群状態な9月…


      【10月】
      ジェーン・エア/1回
      XY2/1回
      仏版ロミオ&ジュリエット/1回
      星めぐりのうた/2回
      ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン/1回
      NIROCK/1回

      ジェーン・エアで初めて舞台で拝見した松たか子さんの柔らかくて、でも迷いのない真っ直ぐな声がすごく印象的でした。
      声がすごく特徴的という訳ではないのにでもなんだか耳に残る声。
      そしてさとしさんのローチェスターさんはずるかった。
      やきもちを焼かせたかっただけとしれっというおじさんってどういうことなんでしょう…

      星めぐりのうたはあっきーいっきーに完全にやられました。
      世話焼きないっくんが可愛いという結論。


      【11月】
      キャッツ/1回
      RENT/1回
      ウェストサイド物語/1回
      客家/6回
      アリス・イン・ワンダーランド/1回
      Delicious Delux/1回
      KAZUAKI LIVE/1回
      マグダラなマリア/1回

      待ちに待った11月は客家に全力。
      初のTSミュージカルはなんだかあれこれ詰め込みすぎて結局どうしたかったのです…?となりましたが、なんだかんだ好きになってました。
      サカケンの爽やかシンドバッドヴォイスが堪能できたのも嬉しかった。
      三銃士のおかっぱとか、小物感漂うターフェしか観れてなかったので。笑
      しかし純は天使でした。
      もう完全にガンバでいうボンヤリポジションで(わかる人にしかわからないネタ)、友人の「魚じゃなくて鳥になっちゃったよ」発言を借りると「風じゃなくてモンゴル兵になっちゃたよ」でした。
      客家哺娘が最高に可愛かった。
      でもあのニワトリの鳴き声はあまりにうまいので最初SEだと思ってました…後から実際に出していると気づきましたが。笑

      初めて観たマグダラは独特の世界観と完璧なるB級感に感服。
      そして岡様が現れると周りの美しい女装した男性陣も霞んでしまうという現象が発生。
      岡ミーナ様の絶対領域のお美しさもさることながらデコルテとお背中も大変美しかったです。
      異様にでかかったですがw
      ペドロとカミーナ夫妻がとてもかわいらしくて好きでした。
      あとはもっくんアンナの可愛さには全女性が自信喪失しますね。笑
      高圧的な喋り方の可愛いメイドアンナたまらなかったです。
      あとはアルター以来の鯨井くんの安定した鯨井くんっぷりに懐かしさと安心感を覚えたり。
      面白かったので過去のシリーズも是非観てみたい。


      【12月】
      RENT/1回
      ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL/2回

      最後はお祭りで締めました。
      いやー本当にお祭り!な内容で大満足でした。
      ライブ!といった感じでただ歌うのではなく、きちんと演技込みでの歌が聞けたのが何より嬉しかったです。
      個人的には岡田さんがすごく可愛くて仕方なかった。
      岡田アルフがすごく合っていたのでもう一度観たかったんですが、2回目に観たときは伊礼アルフとマテのお笑い総合格闘技でした。



      こんな感じの2012年。
      総計115回観たようです。
      アルターが今年っていうことがなんだか信じられませんが、こう考えると随分盛り沢山な1年だったなぁと。
      来年は少し落ち着こうね・・・?とは思っても待ち構えるスリルミーと屋根バ、ロミジュリ等、結局忙しい観劇ライフになりそうな。
      とにかく体が資本なので健康第一。そしてしっかり働いて舞台も全力で楽しみたいです。

      こんな感じで今年もよろしくお願い致します。

      | | - | 19:07 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - | - | - |









           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE