source of nutrients

日々の栄養源・観劇の感想とツイッターのつぶやきのまとめ等をゆるゆると
<< スリル・ミー(2012.7.18) | main | 2012年観劇まとめ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    スリル・ミー(にろまりまとめ的な)
    0
       スリルミーも折り返し地点ですね。
      私は絶賛スリルミー週間中で、今日は休観日です。
      もう7月がずっと続けばいいと思いますが、現実はそうもいかず確実に一公演一公演終わっていくので、私に出来ることは銀河劇場に身を置いてただ彼らのスリルミーに引きずり込まれることだけだなと。

      火曜のこにらちは行かなかったんですがあとは毎日のように銀劇に行ってるのでもう住んでるというか主というか。
      でも私の周りもそんな方々ばかりなので普通の感覚でいます。
      感覚の麻痺って怖いですねw

      そんな訳で昨日はマチマチソワしてきました!でーん!
      いや本当はマチソワの予定だったんですがにろまりやってるのにのうのうとお茶なんてしてられる訳ないだろと。笑

      昨日のにろまりはすごかったです。
      終演後も思い出しただけで泣けました。

      木金はにろまりがマチネだったので水曜日振りに観たんですが、また全く違うラストになっていて驚きました。
      ああ、でも今のにろまりすごく好き。
      前のにろまりはどうして、なぜ、って終演後もんもんと思いを巡らせるようなスリルミーだったんですが、昨日のにろまりはああこれでよかったんだと思えるスリルミーでした。
      既に完成されたものだと思っていてもこうやって更に変化していくから舞台って面白いし、やめられませんよね。
      あーーー舞台ヲタ楽しいわーーーとしみじみ感じた昨日でした。


      さてではにろまりについての感想など諸々を。
      あらかじめ言っておきますが私にろまり大好きなもので(知ってるわ
      だから色々補正かけてる部分があるかもしれませんが、私が彼らから感じたものということには変わりないです。
      あと同じこと言い過ぎでおばあちゃんそれさっきも言ってたでしょう?状態ですがもう好きすぎてしょうがないので諦めてくださいすみません


      新納彼の私に対する態度が、突き放す時は突き放していますが、それでも端々から優しさを感じます。
      あとやっぱり弱さや脆さを感じさせる彼で、弟や父親について話すときの苦しげな表情見せますね。
      新納彼の「レイ」と呼ぶ声がどのシーンでも優しくて、大事で愛おしい人を呼ぶそれで、もうなんかそれだけで十分でした。
      やさしい炎で私の肩を抱いて「静かにする」で頭を引き寄せるところも、計画を歌い終わった後私の頭を抱きしめるところも、後は完璧な夜を過ごそうと抱きしめるところも、その場の気持ちの高揚からの優しさではない、と私は感じます。
      大切そうに、大事に優しく触れる彼と、まるで安心しきった私の子供のような姿があまりにも幼い。
      特にやさしい炎の二人が大好きです。
      前はまりおレイが彼に抱かれてとろーんしていた印象でしたが、今は炎に怯えながらも彼の胸の中で安心している印象。
      なんとかしてあのシーンを切り取れないものかと真剣に考えてしまいます。

      昨日の驚きの一つはまりおレイに人間味が戻っていたことでした。
      今回の再演のにろまりは、まず観た感想はまりおこえええええで。笑
      完全ホラーだあれはという私が人間味を失っていた代わりに、新納彼の人間味が増したなと思っていましたが、更に新納彼の人間味が増したのに合わせてきた感じというか。
      あとすごく幼い私になったなと。
      「弟に入れてもらった」「褒めてくれる?」がすごく幼くてびっくりしました。
      あと最後の99年で一緒だねと後ろの彼に向って歌う時の澄んだ声もそうですが、サイドシートから見えた横顔がただただ純粋に嬉しそうであどけなかったです。

      あと昨日のまりおのスリルミーはすごかったです。
      大爆発していました…
      いつかのようににもぞっとしますし、四つん這いも怖い。
      まあサイドシートだとそこはまりおのお尻しか見えませんでしたが…
      他のペアだと、彼がやめろと突き放すのも本当に今はそんな気分じゃないからだと感じるんですが、新納彼は完全にまりおレイに怯えて突き放して逃げたかのように見えます。
      いつかのようにで胸倉を掴まれている時もまりおレイに怯えて彼が本当に望んでいるものを感じ取っているような表情。
      わかりやすく言ったらドン引きって顔。

      彼が取り調べ室に連れてこられるシーン。
      俺を売ってお前はそれで満足かには裏切りを責めたてるようなものでなく、裏切られ傷ついたもので。
      まりおレイの告白を聞いてる時も泣きそうな顔をしていて。
      「僕のこと見直したか?怖くなったか?」を聞きながら泣きながら小さく頷き、わかっていたとでも言うような表情で。
      そこからの優しい「レイ」に胸を鷲掴みにされたような気持ちになりました。

      わかっていたと思います、新納彼は。
      私の本当の望みをわかっていましたが、私をそんな風にしたのは自分だともわかっていて、だから計画にも気付いていながら何もしなかったんではないかと。
      私に引きずり込まれた訳ではなく、二人でもつれて転がっていっただけ。


      好きなポイントを挙げるとキリがないんですがやっぱりにろまりの護送車シーンは何度観ても劇中一二人があどけなくて幼くて愛おしい時間で好き。
      昨日左サイドシートから私の表情がよく観えましたが、「そうだったの。…知らなかった」と本当に優しく微笑んでいて。
      彼の表情は観えませんでしたが、初めて彼に夢を打ち明けて照れ臭そうにも聞こえて。
      もうあそこ大好き、何度でも言うけど本当に大好き。

      ラストに所持品の中の彼の写真について語るまりおレイの穏やかな表情と「待ってたよ」がもう。
      現れた高校時代の彼の「レイ」は19歳の時と全く変わっていない優しい「レイ」で。
      「さあいいか僕たち二人共犯者」のまりおレイの澄んだ声がまた泣かせます。
      最後ライトに照らされたまりおレイの穏やかな表情にこれでよかったんだと思いました。
      前はホラー笑顔だったので全然違うラストだったな…
      前のも好きでしたが今の方がもっと好きです。


      はああもう本当にろまり好きだわ…
      やっぱりミュージカルだから歌で聴かせてくれるところも大好きです。
      まりおのしゃべるように歌ってるかのような歌い方も。
      毎度うめええええってなります。
      ボニクラとサンセットではうめええええってなりませんでしたが(ええー

      あとやっぱり新納さんの佇まいや所作の美しさはもう非の打ちどころがないですね、屈服。
      脚を組む時も、あの長い脚の長さを活かしてゆったり組むんですよ、あれ毎回見惚れます。
      あとマッチのつけ方!
      かっきーとこにたんはシュッ!って勢いつけてつけますが、新納さんは自分の方にチッ!って最小限の動きでつけるんですよね。
      あんな華麗にマッチの火つける人初めて観ましたよ。
      でも友人から聞きましたが、あのマッチの火のつけ方ってジェネレーションギャップがあるらしく、私の親世代(新納さんが親世代とは言ってません)は相手に向かって火をつけることになるから自分の方にこすってつけると習ったんだとか。
      なるほど…笑
      なにはともあれあのマッチのつけ方はスマートですよね、素敵。
      あとロープと鞭(ロープです)の扱い慣れすぎでしょうあなた…
      もう新納さんは人生経験から違いますね、あっぱれ!!


      そういえば昨日スペシャルユニットコンサートがあって、良知くんの私×かっきーの彼だったんですが、やさしい炎のナンバー披露で。
      良「続きは場所を変えてから。消防車…じゃなくて小西君が来るよ!」
      柿「見張りはお前の仕事だろ。小西が来たら知らせろ」
      とかやたら小西小西言うから小西来るかと思ったじゃねーか私の期待を返せ
      金曜にやった小西彼×松下レイのコンサートが最高に面白くてこにたんはただの変態でかきまつに対してハアハアしていたのでなんかもう大好きになってしまいました。
      綺麗な人って変な人が多いイメージ。
      あんなに二次元なのに変態ってすごいよ小西さん。


      なんかグダグダになってきたので終わります。笑
      | | スリル・ミー | 13:10 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:10 | - | - | - | - |









           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE